読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一流平社員まさるのビジネスブログ

仕事における効率化について考えていきます。

睡眠管理アプリを駆使して仕事に活かそう!

快適な睡眠のために「睡眠管理アプリを使う」という方法があります。今回は睡眠管理アプリについて紹介していきたいと思います。快適な睡眠=よい仕事につながると言っても過言ではありません。上手にアプリを利用してビジネスに活かしていきましょう。

 

目次

 

睡眠管理アプリとは

f:id:masaru_business:20161227175154j:plain

睡眠管理アプリとは、快適な睡眠の手助けをしてくれるアプリになります。例えば、枕元にアプリを置いておくだけで、睡眠度を記録してくれたりします。「睡眠の調子が悪いなぁ~」という悩みを抱えている人にはオススメです。自分の睡眠をアプリでチェックすることによって、睡眠状況を把握できます。

睡眠管理アプリによって使えるサービスは様々ですが、スマホには加速度センサーなどで揺れをチェックする機能があります。寝付けずに寝返りをたくさんうったりすると、それをもとに睡眠が深いか浅いかをチェックが可能になるのです。

 

オススメの睡眠管理アプリ紹介

それではオススメの睡眠管理アプリを紹介していきます。自分に合ったアプリを見つけて、是非使ってみてくださいね。

 

Runtastic Sleep Better 快眠支援

f:id:masaru_business:20161227175324p:plain

こちらのアプリは、睡眠時間や睡眠の質を計測・記録します。また、それと同時に、日中の活動や、アルコール摂取、ストレスなどの外的要因が睡眠に及ぼす影響にも着目してくれるんです。爽やかな1日の始まりを迎えるための心地よい目覚ましアラームを多く収録したスマートアラーム機能で、眠りが浅い状態でのタイミングのよい起床を促してくれます。自分の睡眠と向き合い、寝不足の悩みを解消しましょう。そして仕事に活かしてください。

 

Sleep as Android

f:id:masaru_business:20161227175542j:plain

こちらのアプリは、睡眠サイクルを解析する目覚まし時計です。快適な朝を迎えられるように睡眠の浅い時間に優しく起こします。これによって目覚めが良くなる仕組みです。特徴としては、睡眠履歴グラフ、睡眠の深さ、共有(Facebook, メール)、少しずつボリュームの上がる自然なアラーム(鳥の鳴き声、海岸の音など) 、就寝時には音楽のボリュームを下げる機能、いびきや寝言の録音機能(2週間の試用期限)など様々ですよ。特に最後に挙げたいびきや寝言の録音というのは大事だったりします。自分ではわからないところですからね。また、睡眠に関するアドバイスもおこなってくれます。 快眠のためにも自分の睡眠と向き合っていきましょう。

 

Sleep Cycle alarm clock

f:id:masaru_business:20161227175651j:plain

こちらもスッキリ目覚めを簡単におこなってくれるアプリです。眠りが浅くなったら優しく、気持ちよく起こしてくれます。睡眠を分析することによって、快適で自然な目覚めを実現するという仕組みです。数百万人のユーザーがいるという実績もアプリとしての質を物語ってますよね。また、ニューヨークタイムスや王様のブランチなど、多くのメディアにも取り上げられています。日本以外でもアメリカ、イギリス、ドイツ、フランスなど多くの国で利用されています。さらに、日本ではApp Store通算500億ダウンロード記念ランキングで歴代有料アプリ第1位に輝くといった素晴らしい記録も保持しています。ちなみに私もコレを使っております(余談中の余談)。 

 

熟睡アラーム

f:id:masaru_business:20161227175831j:plain

こちらの睡眠管理アプリは、アラームサウンドのランダム再生と熟睡サウンドのシャッフル再生の機能があります。聞きなれたアラームサウンドでは目覚めにくくなった、熟睡サウンドの再生順がいつも同じではつまらない、ということってありますよね。その場合は是非活用してみるとよいでしょう。また、睡眠日誌出力という機能もあります。こちらの機能は、熟睡アラームに保存された睡眠の記録を、PDF形式の睡眠日誌として出力する仕組み。睡眠日誌には就寝時刻と起床時刻、中途覚醒の回数が記載されており、パソコンから印刷して利用することが可能です。この機能の睡眠判定はカリフォルニア大学の睡眠医学Roger J.Cole博士の睡眠計測アルゴリズムを採用しているそうです。説得力がありますよね。

 

ぐっすりーにゃ

f:id:masaru_business:20161227180919j:plain

エスエス製薬の睡眠改善薬のブランドキャラクター「レオニャルド・フミンチ」が睡眠改善を楽しく手伝ってくれる睡眠記録アプリです。このアプリは、加速度センサーの利用によって、就寝中の動きをキャッチ、グラフ化して睡眠状態をチェックできる機能や、毎日の睡眠時間をカレンダーに記録できる機能などを備えています。これによって、自分の睡眠状態を確認し、改善のきっかけをつかむのに役立ちます。また、睡眠記録の実施回数に応じて、バーチャルな快眠アイテムをコレクションできる機能や、就寝するとレオニャルド・フミンチが愛用ユーザーに代わってfacebookに投稿する機能など、睡眠を楽しめる機能が充実しています。エンターテインメント性を求める人にはピッタリのアプリになりますね。私もちょっと気になっております。

 

快眠サイクル時計

f:id:masaru_business:20161227181023j:plain

こちらのアプリは、心地良い睡眠と快適な目覚めを提供してくれます。睡眠中のレム睡眠、ノンレム睡眠状態を加速度センサーを利用することによって分析し、眠りが浅い状態を見計らってアラームを作動させます。また、全20曲から快眠ミュージックとアラーム音が選ぶことが可能です。就寝の際には全10曲のオリジナル快眠ミュージックを設定可能。快眠ミュージックには心を落ち着かせる効果があり、心地良い睡眠に効果的です。さらに、アラーム音には全10曲のオリジナルアラーム音を設定できます。起床の際にストレスを与えないやわかいアラーム音が揃っています。

 

快眠ノート

f:id:masaru_business:20161227181127j:plain

快眠ノートは、日々の睡眠を見直すために睡眠時間を記録管理できるアプリです。主な機能として挙げられるのが、就寝・起床時間を記録、日々の睡眠時間をリスト・グラフ表示、睡眠周期との比較などです。シンプルながらも自分の睡眠としっかり向き合えるので是非活用してみましょう。

 

逆目覚まし

f:id:masaru_business:20161227181236j:plain

「目覚ましをセットしても起きられない!」こういった悩みは、起床の問題ではなく、寝る時間に問題があるといいます。このアプリは適切な睡眠時間を通知してくれる”目覚ましの逆”といった特徴があります。つい夜更かししてしまったり、長期の休暇で睡眠リズムが狂ってしまったり、睡眠障害に悩まされていたり、そんな人はこのアプリの活用がオススメです。設定された起床時間を参考にして、就寝時間を知らせる就寝アラームと起床アラームがセットされます。デフォルトの睡眠時間は7時間半に設定されていますが、睡眠リズムの1時間半ごとに増減させることが可能です。すぐには眠れない場合はスヌーズをセットすれば1時間半後に再通知されます。セットされたスヌーズは解除も可能です。

 

……いかがでしたでしょうか。この他にも睡眠管理アプリは様々な種類あります。自分に合った睡眠アプリを見つけて是非とも仕事に活かしてください。